ビットコイン いつ仕込むか問題


Zaifコイン積立の成績記事はこちら(10/12更新)

スポンサードリンク


こんにちは。くりぷとです。

毎日(色んな意味で)暑くて頭がおかしくなりそうです。

 

今回は非常に不毛な価格予測エントリです。先の事は誰にも分からないので予想するだけ不毛だと思うのですが、ビットコインは増やしたいので、価格に影響を与えそうな今後のポイント(予想)を書きました。

 

ビットコイン分裂問題で個人的に気になる点

1.BIP91がロックインしそう(7/21)

2.Bitcoin cashは本当に8/1にハードフォークするのか。だとすればどの程度のマイナーが付いて行くのか。

 

現状、BTC1ソフトウェアの出来は気になってはいますが、今は上記2点が大きなポイントかなと。

 

1.が7/21に完了すれば、UASFによる8/1のフォークは回避され、8月中にビットコインのsegwit実装が完了するのですから、一旦、価格は上がりそうな気がしています。であれば、今が底に近いとみなせる。

 

しかし、ライトコインのsegwit実装前夜、Antpoolがそれまで付けていたシグナルを突然消し、市場を失望させ、ライトコイン価格が暴落した事がありました。

同じことや似たような妨害が起これば、価格は落ちるはずなので、そのタイミングがビットコインの買い場になりそうです。Antpoolを運営するJihan氏は既報インタビューで『ニューヨーク協定は守る』と言っているので、最終的にはBIP91を通すとみています。ここで裏切るほどの非合理的な人ではないと考えます。 (これは分かりません。そんな気がするというだけ)

 

次に2.ですが、8/1にBITMAIN系の多数のハッシュパワーが抜け、最初の難易度調整期間でのブロック承認時間が短くなる問題。これも価格に影響を与えそうです。遅いコインなんて、使いたくないですから。

でもこれも程度の問題であって、直近のビットコイン高騰時も、承認時間は恐ろしく遅かったわけなので、今回も雰囲気で買われて行きそうに思います。

ただ、ヨーロピアンさんが昨日の記事で書いている通り、半数のハッシュパワーが抜けてしまったら、これは大変。

https://twitter.com/cryptobloger/status/887674468172087297

 

ここを無事に乗り超えると、一旦は収束して価格が戻り、また10月くらいに今度は2MBハードフォークが問題となって(思い出されて)、市場が荒れて行くのでしょう。

 

今日明日が要注意ポイントですね。