主に暗号通貨の話

くりぷと戦記 -主に暗号通貨の話-

クリプトブロガー「くりぷと」のブログ。ビットコイン等の仮想通貨(暗号通貨)の素晴らしさ、面白さを世に広めるべく、地道にブログを書いています。

仮想通貨の国内取引所はどこが良いのか:3大取引所比較


Zaifコイン積立の運用成績記事はこちら
(2017/9/2最終更新)

スポンサード


スポンサード


くりぷと@CryptoBloger)です。

 

8/1を無事に乗り越えて、暗号(仮想)通貨界隈に活気が戻って来ました。基軸通貨のビットコインは過去最高の50万円にタッチし、暗号通貨の時価総額を示すMarcket Caspも一時、過去最高の1400億ドル越えを致しました。(出典:Global Charts | CoinMarketCap

「そろそろビットコインやアルトコインを買ってみよう」と思う方も増えてくると思うので、3つの国内取引所を簡単に紹介します。

 

まず最初に取引所選びの要旨を、目次として記載します。各リンクをクリックすると各々の説明文にジャンプします。

 

以下、順に説明させていただきます。

 

 3大取引所比較

初心者でスマホユーザーはコインチェック

コインチェックはスマホで売買するのが、とにかく簡単です。アプリのインターフェースが洗練されており操作感が抜群。仕事や学校の合間に、サクッとビットコインやアルトコインを買えるのが特長の仮想通貨取引所です。

 

f:id:D25Joh-1:20170816231305p:plain

アプリを開くと上記画面が出るので、「購入」を押して、あと2回ボタンを押せば、買いたい銘柄を即購入出来ます。

指値ではなく、成行注文です。

 

これの良いところは、今にも値上がりしそうな、あるいは値上がり中の通貨を、即時買える事です。機会損失があまりありません。私はこのおかげでXRP(リップル)を、安値の時期(暴騰中)に大量購入出来、大変な恩恵を受けました。

関連記事:リップル(XRP)! のお陰で原資59万円→206万円に(約3.5倍) - くりぷと戦記 -主に暗号通貨の話-

暴落時に即売り払いたい時にも、この良さは発揮されます。

 

勿論コインチェックにもデメリットはあります。

最大のデメリットは手数料の高さ、他の取引所に比べてスプレッドが大きいです。短期で沢山売り買いすると、手数料がかさんでしまいます。買い時を間違えると逆に損してしまうのです。

関連記事:暗号通貨取引所Coincheckのスプレッドを可視化する

 

実際にコインチェック銘柄で適当に買う実験を進めていますが、無限に損しています。

www.cryptobloger.com

 

ただし、手軽にビットコインや豊富なアルトコインを売買出来ること(日本一の品揃えです)、抜群のセキュリティと保証体制(不正ログインへの被害を最大100万円まで保証)を有する事から、初心者の方に推奨します。

 

コインチェック主要取り扱い銘柄:

ビットコイン
Ethereum
Ethereum Classic
LISK
Factom
Monero
Augur
Ripple
Zcash
NEM
Litecoin
DASH
Bitcoin Cash
 
 

 

 

出典:コインチェック社HPより 

上記はコインチェックのHPに飛びます。興味を持たれましたら、少額からスタートするのはいかがでしょう。私のアフィリエイトリンクですので、避けたい場合は、末尾の英数字を削除したり、検索から同社HPへの遷移をお願いします(以下同様)

 

XEM(NEM),MONA,PEPECASHの売買と積立投資も希望するならZaif

Zaifで売買する理由はかなりシンプルです。

まずビットコインに加えて、3つの取引所の中で唯一、MONAとPEPECASHが買えます。

 

関連記事:

MONAヤバい!モナコインをチップとして送る方法 - くりぷと戦記 -主に暗号通貨の話-

メモリーチェーン/Rarepepeは新しくて楽しい/pepecash - くりぷと戦記 -主に暗号通貨の話-

 

そして最大の特長は何と言っても「積立投資」でしょう。

これは他の取引所には無い特徴です。

ビットコイン、MONA、XEMをドルコスト平均法で、低リスクで積み立てる事が出来ます。

実際に今まで積立投資からかなりのリターンを得ました。銀行預金より優れています。

定期的にZaif積立投資のレポートを更新していますので、是非、ご覧ください。

www.cryptobloger.com

 

またその他の特記すべき特徴としては、売買時の取引手数料がコインチェックよりも安い、FXトレードには向いていない事、が上げられます。

二段階認証を含めたセキュリティ体制やサポート体制は申し分ありません。

 

Zaif主要取り扱い銘柄: 

Bitcoin,XEM(NEM),MONA,Bitcoin cash,PEPECHASH,XCP,Zaif

 

 

関連記事

www.cryptobloger.com

 

短期トレードでバリバリ稼ぐ&国内1位の大手を望むならbitFlyer

bitflyerは、ビットコイン取扱高日本一の取引所です。

CMも打っていましたし、ご存知の方も多いと思います。「大手」という安心感を買うなら、bitflyerが最もオススメだと思います。

 

そしてガチの短期トレードをやるならbitflyerですね。ガチトレーダーの皆さんはこぞってここで、切った張ったの勝負をされています。私はリスクが高い事と短期トレードは苦手なので、手は出していません。鴨になるだけです。

 

追記:

FXトレードを始めました。

www.cryptobloger.com

 

bitflyerではほとんど取引していないのですが、先日のビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォーク騒動の際、こちらが最も早くBCHの売買に対応しました。これにより、高値で売り抜けられた方も多いと思います。2016年のイーサリアム分裂の際、分裂対応に相当の時間を要してしまい、イーサリアムクラシックがユーザーに付与されたのは分裂から数ヶ月後の事でした。この時の体験が生きており、今回、最も速い対応が取れたものと思います。こういった学びを生かし、ユーザーに還元する姿勢は素晴らしい事だと思いました。

 

bitflyer主要取り扱い銘柄: 

Bitcoin,Ethereum,Ethereum classic,Lite coin,Bitcoin cash

 

  

仮想通貨(暗号通貨)のトレード開始時の心得(ポイント)

迷うなら取り敢えずコインチェックに登録。時間があれば3つ全て登録すべし。

以上、3つの取引所の特徴をざっとご紹介しました。

 

どれが良いか迷ってしまうかもしれませんが、一番良いのは3つの登録所全てに登録してしまう事です。なぜなら暗号通貨の売買を続けていると、どの取引所にも痛し痒しな所がある事に気づき、どの道、全てに登録する事になるからですw

 

そして取り敢えず手っ取り早くビットコインを購入するのなら、コインチェックが良いです。理由は前述の通りです。

ただ、単にビットコインを買うなら、どこでも良いと思います。あまり差はありません。

 

少なくとも、いずれかの取引所に5千円程度は入金して置くべし

取引所に登録したら、まずは5千円程度を入金しておきましょう。その段階では、ビットコインあるいはアルトコインを買うか買わないかは決めておかなくて良いです。

 

買いたい時に買えない!という事で、私は何度も悔しい思いをしてきました。 恐らく当エントリを読んでいる方は、買うか買わないかはまだ決めておらず、迷っていると思います。

 

買うか買わないかは、実際に買う時に決めれば良いのです。

 

まずは買うための準備をしておきましょう。少しの手間をかけるだけです。買いたく無ければ買わなければ良いのです。あなたの日本円資産は減りません。

 

取引所選びに時間をかけない。時間は貴重な資源。とにかく買ってみる!

時間は貴重な資源です。特に暗号通貨トレードは、時間が重要です。

値動きがとにかく激しく、気付いた時には手遅れという事も多いです。

 

ですので、少しでも興味があるのでしたら、とにかく取引所に登録してしまい、入金し、ビットコインを少額買ってしまう事です。

 

これは別に煽りでも何でもなく、本気でそう考えています。実際にトレードを開始し、慣れて来たら他の取引所(国外含め)を検討すれば良いと思います。またテンションが下がってしまったら、買うのを止めれば良いだけです。

 

最後に要旨を再度まとめます。

 

以上、オススメの取引所と取引所選びの考え方を記載させていただきました。

 

とにかく少額から始めてみて、刺激ある仮想通貨の世界を楽しんでみましょう!

 

関連記事:

www.cryptobloger.com

www.cryptobloger.com