Ripple社のカウントダウンてありなの?


Zaifコイン積立の成績記事はこちら(11/4更新)

スポンサードリンク


くりぷと@CryptoBloger)です。

 

大部分を売却したものの、まだ少しXRPを保有しています。

 

関連記事:

www.cryptobloger.com

 

Ripple社のカウントダウン

Ripple社がカウントダウンを行い、XRP価格が一気に上昇しましたね。

2 themes coming together, #banking & #blockchain pic.twitter.com/kzvApvSKoH

— Ripple (@Ripple) 2017年8月22日

 

ホルダーとしては、まあ、ありがたい話です。

 

しかし、この手法って、そもそも良いのでしょうか。

同社が最終的に目指しているのは「価値のインターネット」の実現だった筈。崇高な目標です。

 

なぜわざわざ、カウントダウンという、市場が反応しそうな派手な手法を使うのでしょうか。

驚くべき材料があっても、クールに、淡々と発表すれば良いのではないでしょうか。

それではいけない理由が、何かあるのでしょうか。

マーケティングのプロの方が入られたそうですが、何か関係があるのでしょうか。

同社の主な収益源はXRPです。

材料を、自由なタイミングで発表できるのも同社です。売り抜けて収益を確保する恐れはないでしょうか。

(Ripple社って、保有するXRPを自由に売れるのでしたっけ?ここは割と本気で分かっていないです)

 

性悪説の見地から見ると、これでは仕手と変わらないのではないでしょうか。

もっとエクセレントな会社だと思っていたのですが、違うのでしょうか。

養分になるのは誰でしょうか。

 

そして私はなぜ、先日、大量にXRPを売ってしまったのでしょうか。

 

www.cryptobloger.com

 

この界隈、分からない事ばかりです。

答えはそろそろ明らかになりますね。