スマホでビットコイン(仮想通貨)を買うなら、コインチェックとbitFlyerのどちらが良いのか


Zaifコイン積立の成績記事はこちら(11/4更新)

スポンサードリンク


くりぷと@CryptoBloger)です。

 

まだ仮想通貨トレードを始めていない方で、スマホでビットコインの売買を開始したい方は多いと思います。以前の記事「仮想通貨の国内取引所はどこが良いのか」にて3つの取引所の比較を行い、初心者の方はコインチェックが良いのでは、と書かせていただきました。

じゃあ、初心者の方がスマホでビットコインを買うなら、どこが良いのか?

 

アプリの操作感や銘柄の豊富さで考えるとコインチェックです。ただし「コインチェックアプリで取引する際の注意点」の記事でも書いたように、手数料に注意が必要です。上手くやらないと損失がかさみます。

Zaifのスマホアプリは、正直言うと仮想通貨の購入にはユーザー操作性の面で適していないので、コインチェックとbitFlyerを比較します。 

コインチェックのアプリ

コインチェックのアプリは操作感が抜群です。インターフェースがとても分かりやすい。

アプリを開くといきなりこの画面が出てきます。買いたい通貨を選んで「購入」を押せば、直ぐに成行で買えます。ほとんど何にも考えずに買えます。

f:id:D25Joh-1:20170816231305p:plain

 

ビットコインを買うのが凄く簡単ですし、他のアルトコインも一目で相場が分かります。簡単に多くの仮想通貨を手に入れられます。 ただし何回も書くようでしつこいですが、成行での手数料は高いので注意が必要です。

bitFlyerのアプリ

対してbitFlyerのアプリの最初の画面はこちら。

f:id:D25Joh-1:20170826223421p:plain

メニューが多く、どこを押せば良いのか、最初は戸惑います。

ビットコインを成行で買いたいなら、「ビットコイン」。

板で買いたいなら「取引所」を押します。その後、金額を指定して、数回クリックして買うこととなります(成行の方は手数料が高いのでご注意ください)

 

コインチェックのアプリに比べて高機能ですね。慣れるのには時間がかかりそうです。

ただし使い勝手さえ覚えれば、強い味方となります。

何が何でも早く入手したい時(高騰時など)は「ビットコイン(成行)」で、手数料を安く抑えて指値で買いたい時は、「取引所」を選べば良いです。

またbitFlyer Lightningのチャートも確認出来ます。PC版よりは機能が劣りますが、簡単なトレンドラインくらいは引けるアプリになっています。

 

bitFlyerは、取扱高日本一の「大手」取引所という安心感もありますね。先日のビットコインキャッシュへの分裂時は、いち早く同通貨の売買を初めてユーザーの資産保護に動きました。今後同様の分列騒動があった場合も、同じように素早く動いてくれそうに期待出来ます。

 

どちらの取引所(アプリ)にも得手不得手がありますので、慣れて来たら両方に登録するのがよろしいかと考えています。

 

次の記事はこちら>>>仮想通貨の国内取引所はどこが良いのか:オススメ3大取引所比較