「まず生き残れ、儲けるのはそれからだ。」:生存者バイアスの話


Zaifコイン積立の成績記事はこちら(11/4更新)

スポンサードリンク


くりぷと@CryptoBloger)です。

 

暗号通貨の価格が軒並み上昇し、派手な話をチラホラ聞くようになって来ました。羨ましい限りです。

 

先日も、レバレッジ付き信用買いで1,000万円以上儲けたとか、草コインの売買で資産が10倍になった、と言うtweetを見かけました。凄いです。真似をしたくなります。

 

しかし恐らく、このように大勝ちしている人はごく一部でしょう。一部の勝ち組の後ろには、多くの負け組がいる筈です。負けている人が沢山いるから、大勝ちしている人が出現します。恐らくその比率は、100倍とかになるのでは無いでしょうか。

多分こんな感じ。知らんけど。

 

大勝ち :負け=1人:100人

 

勝てた方は凄いです。才覚もあるし、運も味方したでしょう。

でも多くの人は、これを真似することは難しいです。逆に焦って真似をすると、鴨にされます。

自分もレバレッジの取引で沢山の失敗をして来ました。

 

一例↓

仮想通貨の空売りで、1日に15万円失った話 - くりぷと戦記 -主に暗号通貨の話-

 

某取引所ショートトレードでの悲惨な結果↓

f:id:D25Joh-1:20170904090243j:plain

 

仮想通貨界隈を歩いていると、大勝ちしている方に良く遭遇します。大体、遅くとも今年の3月位までに参入している方が多いです。4月、5月の波に乗れた方々です。

そして恐らくその裏には負けた人もおり、大負けした人は市場から退場している筈です。こういう人たちは既にいないので、話題になることもありません。 

生存者(選択)バイアス

関連して、以下、有名な生存者(選択)バイアスの話を紹介します。

 

先の大戦中に、「爆撃機のどの部分の装甲を強化すれば、帰還率を上げられるか」と言う問いが連合軍内で上がりました。敵の戦闘機から射たれ、被弾した場所が赤点部分です。こちらは出撃して、基地に帰還して来た爆撃機のデータとのこと。

http://cdn.cadot.jp/wp-content/uploads/2017/01/th_1-2-1.jpg

出典:帰還した爆撃機の損傷統計データ。あなたならどこを強化する??答えを知り納得の声続々-Cadot(カド) |

 

こちらの問題、赤丸の部分を補強したくなりますが、正解は被弾していない部分にあるそうです。

なぜなら赤点以外の部分に被弾した機体は、撃墜され、帰還出来ていないためです。そもそも撃墜された機体のデータが取れないので、上記の対応が現実的と言うことですね。

 

仮想通貨のトレードも似ていないでしょうか。

撃墜され、市場から退場した方の生の声を聞くことは、ほぼありません。

あるのは、無事に生き残り、大勝ちしている人の声。こう言う声は、良く目立ちます。真似をしたくなります。

 

しかし大事なのは、リスクを最小限に抑え、焦らずに生き残る事です。ICOや草コイン、トークンなど、新しい投資先がどんどん出て来ています。ここで良く考えたいのは、そもそも仮想通貨自体がハイリスクであるという事です。

 

まずは正気になれ。

 

時価総額上位の通貨に分散投資し、あとは気長に待ちつつ、その中で余剰資金が出来たら、よりハイリスクなトレードを行うのが現実的かと思います。ただし、死んだつもりで大勝ちを狙う、という戦略も有りだとは思います。要は自分がどこまでリスクを取れるか、ですね。

 

最後に投資家「ジョージ・ソロス」の有名なフレーズをご紹介します。

みんな大好きニシカズさんが、良くtweetされています。

 

 

 『まず生き残れ、儲けるのはそれからだ。』(ジョージ・ソロス)

 

尚、初心者〜ある程度慣れた方には、Zaifコイン積立をお勧めしています。大勝ちすることは無いですが、運用が楽ですし、何よりリスクが比較的低いからです。

 

それでは、今週も生き延びて行きましょう!

 

次の記事はこちら>>>Zaif積立:仮想通貨ビットコインの「コイン積立」で資産が2倍に