ビットコインは再度暴落する/bitFlyerFXアプリでの誤発注の話


Zaifコイン積立の成績記事はこちら(10/12更新)

スポンサードリンク


くりぷと@CryptoBloger)です。

 

最近始めたビットコインの短期トレード(bitFlyerFX)で早速ミスりまして、現在含み損状態です。

本日だけで2万円近くの損失。昨日の利益も吹き飛びました。

f:id:D25Joh-1:20170919170432p:plain

ビットコインは再度暴落すると思うので(理由は後述)、今はノーポジです。暴落したら再度ロングでインします。

 

目次

 

新幹線移動中にbitFlyerアプリでFXトレードはしない方が良い

今回トレードに失敗した理由は2つあります。

1つは、欲を出して高騰中に無駄にロングを入れた事。下図をご覧くださいませ。

f:id:D25Joh-1:20170919171736p:plain

9時前くらいに一気にビットコイン価格が上昇し、46万円を越えました。トレンドラインも上に割り、「連休明け銀行入金組が9時以降に来る筈!」とスケベ心を出し、ロング(信用買い/界王拳3倍)を入れました。しかも持っている証拠金分全額です。

結果、グラフの通り一気に価格が暴落し、張り直す資金も無かったので、泣く泣く損切りした次第です。

これは恐らくプロに読まれて、狩られたんでしょうね。甘すぎました。

 

2つ目の理由は誤発注です。

上記損切りの後、さらに価格が下がりましたので、再度ロングで入りました。43万円くらいだったと思います。しかしそこから一気に下落したので、損切りしようと思い、bitFlyerアプリで「建玉」の項目から「売り」を選択し、発注しました。

f:id:D25Joh-1:20170919172045p:plain

ところが、あいにくその時は新幹線移動中。

電波が悪く、注文が通っていないように見えたので、再度同じ動作をしたところ、しばらく経ってから画面を見ると、売った筈の玉が残っていました。

 

誤発注です(二重発注)

 

損切りと同量の売りを重複して入れていたのです。

それに気づき、慌てて精算(買い)しました。

 

bitFlyerのアプリはFXトレードにも対応しており、チャートも見れるので良いのですが、電波が繋がりにくい時は避けた方が良いです。私のように誤発注を起こすリスクがあります。(これはどの取引所でも一緒だと思いますが)

 

ビットコインが再度暴落すると考える理由

ご存知だと思いますが、中国で、マイニングを含むP2P取引が禁止される噂が出て来ています。

以下mineCCさんのtweetです。

 

WSJやBTCNでも報道が。

jp.wsj.com

btcnews.jp

 

確定報ではないですけど、このパターンは今までと一緒です。

政府筋などの事情通からある程度の確度のニュースが出て、噂が広がり、そのあとで確定したニュースが出る。というパターンだと踏んでいます。

 

もしも中国でマイニングを含むビットコインのP2P取引が禁止されたらえらい事です

・マイナーが、せっかく掘ったビットコインを換金出来ない

・中国に留め置かれているビットコインが外に出て来にくくなる

・主要な中国マイナーが廃業し、ハッシュパワーが急激に低下し、ビットコインの処理速度が一気に低下する恐れがある

・中国のビットコインホルダーによる投げ売りからの暴落リスク

・からの日本人パニック売り

・仮に中国政府が世界全体のビットコインの流通を管理すると目論んでいる場合、中国政府がビットコインの"中央銀行"と化す可能性も?(これはSF的な空想です)

 

などなど、短期的には価格の低下要因だと思います。

ハッシュパワーが世界に分散化されるので、中長期的には良い事だとは思いますが。中国が保有するビットコインの総量はいかほどなのか、気になるところではあります。中国政府の匙加減で市場放出量が決められたり、死蔵する恐れがあるためです。

 

P2Pがブロックされても、VPNでの迂回やブロックストリーム社の衛星での通信も出来そうですし、極端な話、ハードウェアウォレットやウォレットを入れた記憶媒体を中国外に持ち出すなどで、世界への流通経路を確保できるとは思いますが、処理能力には限界があるでしょう。中国主導のビットコインマイニングが、一気に縮小すると考えた方が良さそうです。

www.cryptobloger.com

 

ブログを買いている現時点で、ビットコイン現物価格は44万円ほどで取引されています。

再度、買い場が来ると見て、一旦待機します。

f:id:D25Joh-1:20170919172943p:plain

 

追記:

世界のkoji氏によると、中国BANに備えていた方々もいるそうです(コア開発者など。心強いですね)

 

追記2:適当テクニカル的にも、上昇相場が終わったような(一番下のトレンドラインを割り込まないか、注視します)。

f:id:D25Joh-1:20170919232402p:plain

 

本日のお休みmusic:

Daniel Zamir Qaurtet - Hatikva

www.youtube.com