bitFlyer×バンドルカード(VISA)/ビットコイン分裂続報


Zaifコイン積立の成績記事はこちら(12/9更新)

スポンサードリンク


こんにちは。くりぷと@CryptoBloger)です。

 

ビットコイン問題、どうなりますかね。「Bitfinexがビットコイン2xの先物を開始。これはデジャブか」で書いた通りbitfinexがbitcoin2xの先物を上場し、さらにbitcoin2xをアルトコイン扱いにすると発表しました。

 

ただ、自分はこれで事態が収束するとは、まだ思えないなあ、と考えています。

理由は下記です。

 

"オリジナルビットコイン"のブランドを巡って血みどろの戦争が起こるのか、それとも「全員が損をしない」というところで決着するのか、余談を許さないかなと。

 

bitFlyer×バンドルカード(VISA)

ビットコイン分裂問題で騒々しい中、bitFlyerから嬉しい知らせが。

 

VISAのプリペードカードであるバンドルカードとのコラボ。

現時点では1,000名限定のようなので早速申し込みました。なぜ1,000枚だけなのだろう。もっと発行しても良いのに。

 

申し込みページはこちらです。

bitflyer.jp

 

バンドルカードのメリットとデメリット

私が考えるメリットデメリットは下記です。

 

メリット

・ビットコインを、VISAの使える店で日本円として支払える(コンビニも含む)

・「ビットコインをSuicaとApple watch2で使う方法:バンドルカードご紹介 」で紹介したように、suicaと連携してApple watch2で使える(超便利です)

・bitFlyerのアカウントから、直接円建てでチャージができる

・入会金、維持費は無料

 

デメリット

・未使用期間が120日になると、100円チャージされる(維持費が発生)

・チャージ時に課税対象となる(確定申告が必要)

 

元々バンドルカードは持っていますが、ウォレットなどからバンドルカードのアプリに、チャージが必要でした。bitFlyerはFXで使っており常に一定のビットコインを入れているため、チャージが今よりも便利になります。

 

さらに、Apple watch2でビットコインを使える。これ、結構便利です。コンビニや電車などでのちょっとした支払いに、簡単に使うことが出来ます。

 

デザインも悪くないので、申し込みました。抽選が当たると良いのですが・・・

f:id:D25Joh-1:20171007191955p:plain

 

bitFlyerにアカウントを持っている方は、「bitFlyer VISA プリペイドカード【bitFlyer】」のページからそのまま申し込みが出来ます。

 

アカウントが無い方は、まずは登録が必要です。

よろしければ下記よりご登録されるのは、いかがでしょうか。

bitFlyerの登録はこちらから 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で