今からビットコインに手を出すのは遅くないの?


Zaifコイン積立の成績記事はこちら(11/4更新)

スポンサードリンク


くりぷと@CryptoBloger)です。

 

友人知人に、ビットコインや仮想通貨の良さと面白さを説いて回っています。

 

そのような中で、「ビットコインは今から手を出すのは遅くないの?」という質問を貰うことがあります。

 

そんな時は

 

遅くない。まだまだこれから。

 

と答えています。

 

 

市場規模が小さいことが理由です。

 

先のことは分かりませんが、投資や貯金資金の5%〜10%位を、ビットコインや他の暗号通貨に切り替えた方が良いと考えます。

日本円建ての現預金だって、この先、どうなるか分からないですしね。

 

 

ビットコイン価格予想

気になる今後のビットコイン価格ですが、下記のかにたまさんの記事によると、AIが2018年に220万円になると予想したそうです。

AIが2018年秋の仮想通貨の価格を予測、とんでもないことに!ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、イーサリアム、ライトコイン、ダッシュ、ネオなど - お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ

他にも強気の予想を、多くの専門家が発表しています。(逆の予想も勿論あります)

私個人としては、原理的にも需要的にもまだまだ上がると思っていますので、着々と枚数を増やして行きます。主力のビットコインをはじめ、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、XEM、MONA、LITECOIN、XRPなどに散らしています。

 

ビットコイン/暗号通貨が狙う市場

以下、 仮想通貨取引所を運営する「QUOINE(コイン)」の栢森CEOのインタビュー記事からの抜粋です(2017年6月)。

「(仮想通貨市場は)向こう5年ほどでFX市場の取引金額5000兆円の10%くらいの500兆円程度になるのではないか。」

引用:インタビュー:仮想通貨は日本が制度面でリード=QUOINE - ロイターニュース - 経済:朝日新聞デジタル

 

仮想(暗号)通貨市場は、現在18兆円位の規模感*です。そのうちビットコインが10兆円。FX市場がその500倍の5,000兆円ということですから、 まだまだ仮想(暗号)通貨市場は小さいことが分かりますね。上記の記事では少なくとも仮想(暗号)通貨市場は現行の18兆円から、500兆円を目指すとのことですが、果たして。

*https://coinmarketcap.com より

 

あらゆる形のマネーと仮想通貨市場の比較

次に「All of the World's Money and Markets in One Visualization」からの引用です。このサイトは、世に出回るあらゆる形のお金を、インフォグラフィックスで分かり易く図示し、各市場を比較しています。

 

是非上記サイトを見に行って貰いたいのですが、大事な所だけ抜粋します。

 

まずは暗号通貨市場。

 

180ビリオンドル位(約18兆円)

f:id:D25Joh-1:20171030233300p:plain

 

 

銀行券/硬貨(いわゆるFiat)が7.6トリリオンドル(約760兆円)

暗号通貨市場がまだまだ小さいことが感覚的に分かりますね。f:id:D25Joh-1:20171030233307p:plain

 

 

 

 

 

株式市場 73トリリオンドル(約7,300兆円)

f:id:D25Joh-1:20171030233246p:plain

 

他にも続くのですが、省略して、最後にリーマン・ショックの時に悪名の高さを誇ったデリバティブ市場を紹介して終わりにします。大きすぎて画像がピンボケになっているので、ご容赦ください。

f:id:D25Joh-1:20171030233254p:plain

 

 

デリバティブ市場、デカ過ぎ!!

 

 

次の記事はこちら>>>「Zaif積立:仮想通貨ビットコインの「コイン積立」で資産が2倍に