ビットコインの取引履歴が改ざんされる恐れはないのか/サトシの回答


Zaifコイン積立の成績記事はこちら(11/4更新)

スポンサードリンク


くりぷと@CryptoBloger)です。

 

ビットコインを勧めた方から、「ビットコインの取引履歴が改ざんされる恐れはないのか」との質問をいただきました。

 

「説明が長くなるので詳細は省略するけど、改ざんすると損する仕組みだから、多分誰もやらないよ」と回答しました。

色々なところで、散々書き尽くされて来た感のある問いですが、今回のエントリではその回答を書きます。

 

 

ビットコインの取引履歴が改ざんされる恐れはないのか

技術的には改ざんは可能です。ただしハードルが高いです。

 

ビットコインの仕組み

まず最初にビットコインの仕組みから説明します(知ってる方は飛ばして下さい)

ビットコインの取引記録は、「ブロック」に格納され、それがどんどん連結して「ブロックチェーン」を形成しているのは、皆さんご存知の通りだと思います。

この「ブロック」を連結する作業が「マイナー」による「マイニング(採掘)」で、膨大な電力とコンピュータによる計算量を必要とします。物凄く手間のかかる謎解き問題を解きます。この問題を一番最初に解いたマイナーだけがブロックの連結に成功し、ビットコインを報酬として受け取れます。これが俗にいうPoW(プルーフ・オブ・ワーク)ですね。ビットコインへの信用を支える肝の部分です。

 

ここまで書いて来て、なんかもう、心が折れて来たので、ビットコインの仕組みについてより詳しく知りたい方はいまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン Kindle版を読んでください(笑)。

 

ビットコインの取引履歴を改ざんするには

表題の質問に戻ります。

もしも、ブロックチェーンを支えるコンピュータパワーの過半数を手中に納めた場合、改ざんなどの不正な取引が出来るようになります。

これは51%攻撃と呼ばれます。bitFlyerさんのFAQを拝借します。

51%攻撃とは悪意のあるグループまたは個人により、ネットワーク全体の採掘速度の51%(50%以上)を支配し、不正な取引を行うことです。一人のノードが全体が持つ計算量の過半数を支配し(1)不正な取引の正当化 (2) 正当な取引の拒否 (3) 採掘の独占を行うことが可能となります。

引用:51%攻撃とは

 

しかし、51%攻撃では、せいぜい新規の取引で嫌がらせをしたり、自身が送った取引を無効にして改ざんする、くらいしかできません。

 

では、過去の取引履歴については、どうでしょう?

 

この問いに関しては、上手くまとめてくださっている記事があったので、引用させていただきます。

ブロックチェーンは性質上、時間が進むほど過去ブロック(取引記録)の改ざんのリスクが減少していくことになります。

前のデータを改ざんするには後のデータを全て改ざんしなければならない為、既に承認されたブロック(作られたブロック)は改ざんリスクが限りなくゼロになるまで減っていくのです。最新の作られているブロックが最も改ざんリスクが高く、最古のブロックの改ざんリスクが最も低くなります。ビットコインの取引は時間が経てば経つほど信頼できる取引になっていくのです。

引用:ブロックチェーンの過去記録の改ざんリスクが低下する理由|高橋諒哲|note

 

ビットコインは過去に遡るほど、改ざんが難しくなります。多くのエネルギーを要します。大体6ブロックほどを待てば、取引がひっくり返されることは無いとされています(出典:Masterring Bitcoin ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術)。

 

このようにビットコインは、原理的に改ざんしにくい特性を持っています。

 

取引履歴を改ざんできても、得られる利益が少ない(サトシの回答)

もしも改ざんを行えたとしても、ビットコイン自体が信用を失い、価格が暴落してしまい、攻撃者は損をします。せっかく設備投資をして、51%を越えるマイニングパワーを手にしたのに、攻撃する動機が無くなります。真面目にマイニングを行い、報酬のビットコインを貰った方が割が良いです。

 

この優れた仕掛けについて、創始者サトシ・ナカモト氏は下記のようにメールで語ったとされています。

仮に悪意の利用者がネットワークを圧倒しても、すぐ金持ちになれるわけではありません。できるのはせいぜい、自身が過去に送金したお金を不渡小切手の振出のようにして取り戻すことぐらいです。これを実行するには、まず売り手から物を購入し、発送を待った後、ネットワークを圧倒し、お金を取り戻そうと試みます。このようなカード犯罪的な悪事を実行しても、ビットコイン生成で稼げる以上のお金を得られるとは思いません。そこまで大規模なゾンビファームなら、他の全員を合わせたよりも多くのビットコインを生成できるはずです。実際にビットコインネットワークでスパムを減らすには、ゾンビファームをコイン生成活動に誘導することです。

 

サトシ・ナカモト

引用:ビットコインバイブル

 

改ざんへの耐性は、最初から、ビットコインの設計思想の中に組み込まれていたのですね。

 

尚、51%攻撃やそれを行うことのメリットの無さついては、下記まつかぶさんのブログ記事に、イラスト付きで大変分かりやすく記載されています。読むべし。

 

matsukabu.hatenablog.com

 

次の記事はこちら>>>「ビットコインに死角は無いのか。