アルトコイン現物トレード/ビットコイン市況

くりぷと(@CryptoBloger)です。仮想通貨SF小説の続編や別作品を準備しつつ、アルトコインの現物トレードもポチポチ実施しています。

 

前回の「アルトコイン現物トレード/NEMとZcash買い増し」後、さらにZcashを増やし、moneroも少し買い、Litecoinを全部bitcoinに換え、XRPにショートを仕込みつつ、XEMを買い増ししました。

 

アルトコイン現物トレード/XEM買い増し

XEMは2700satoshiから2900satoshiの間で分散的に買いました。

1万枚くらいのXEMを回してコツコツトレードしてきましたが、現段階ではXEMが約200枚、BTCが約0.14枚増えた感じです。渋い。

XEMのBTC建てチャートがこちら。

過去のトレンドから、いまにも飛び上がりそうな形にも見えますが、当時とは異なりcoincheckが閉鎖中です。また市場の雰囲気も悪く、全体的に出来高も少ない。飽きが生じて、人がいなくなってしまったかのようです。

 

過去の経験から、こういう時こそチャンスですので、地道に仕込みつつ、市場の回復をお祈りしておきます。

 

まあ、まずはビットコインの回復待ちですね。6000ドル前後を境に緩やかに反発中。少し勢いが弱い気もしますが、トレンドラインは順調に更新中。

CoinbaseでのCustodyサービスが始まるなど、機関投資家向けの環境が整いつつあります。大きな資金が流れ込んで来るようになると良いですね。

参考:仮想通貨市場への機関投資家参入、ビットコイン(BTC)価格の影響やその他問題点とは?

 

関連記事>>>2018年前半の仮想通貨トレードの損益

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください