ビットコイン 過去の大暴落時は回復までに何ヶ月かかったのか

こんにちは。くりぷと (@CryptoBloger)です。ビットコイン価格が低迷しています。

過去、何度も暴落と回復を繰り返して来ていますので、過去の大暴落時、元の金額(ATH)まで戻るのにどのくらいの期間を要したのか、興味が出ました(既報でしたらすみません。多分どなたかが、似たような記事を書いてると思います)

 

そこで以前の記事「ビットコインは幾らまで暴落するのか」で紹介させて貰った下記のチャートを元に、回復までの期間を調べました。

関連記事:https://www.cryptobloger.com/entry/ビットコインは幾らまで暴落するのか

 

 

2012年4月10〜12日

3日間かけて、83%暴落しました。約半年かけて、2013年10月14日に元の価格に復帰。

 

2013年11月30日〜2015年1月14日

411日間かけて、乱高下ありながらもダラダラと下落。最高値から底までは87%の下落でした。それから2年以上かけて、2017年の2月22日に復帰しています。

価格の追跡はbitstampのチャートを用いました。

https://www.bitstamp.net/market/tradeview/

 

最高値(2017年12月17日)から、早いもので8ヶ月が経とうとしてます。後から見て、今回の暴落はいつが底ということになるのでしょうね。

 

*当記事につきまして、間違いがありましたら、ご指摘いただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください