今年の仮想通貨トレードの損益 現物で+110万、FXで−170万

こんにちは。くりぷと(@CryptoBloger)です。今年も半分が終わりました。来年の税金の心配があるので、一旦、仮想通貨トレードの成績を棚卸ししました。

来年の税金を踏まえたトレード戦略については、以下PANDAさんのエントリが詳しいです。税金対策には気をつけましょう。

 

 

今年の仮想通貨損益 ー58万円

「もしも20万以上の利益を持ったまま来年を迎えると、また課税される」と思い焦っていたのですが、ざっと計算したところ、利益どころか損失を持っている状態でした。来年の税金の心配をする必要は、今のところありません(笑)

 

ちなみに計算にはCryptactさんのシステムを使わせて頂きました。無料でこれができるのはありがたいですね。

 

少し詳しく見て、まずbitFlyerでの損益を確認すると、、、

 

約170万円の損失という結果でした。内容はほとんどがFXトレードの結果です。1月にサーキットブレイクが4回発動しましたが、その時にロスカットで一気に損失を拡大したのです。

参考:2-3-2.サーキットブレイカー4回発動(イーサリアム・ジャパン

 

他の取引所でのアルトコインやビットコインの現物トレードの確定利益を加えた結果がこちら。トータルで−59万円くらいまで損失が減ってきた形です。

 

せっかく現物で勝っているのに、 FXの負けで大損している形です。FXは大金をかけてやるもんじゃないですね・・・。

 

なお、現在は、懲りずにFXでビットコインを少量ロングし、ETHとXRPをショート中です。早く相場が復活すると良いですね。

 

関連記事>>>アルトコイン現物トレード/NEMとZcash買い増し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください