仮想通貨トレード:暴落時は買い増し!<寄稿記事>

ここ数日のBTC暴落に乗じてトレードに専念し、仕事が手に付かなかったぶらっくプリン(@Black___Pudding)です。こんばんは。

 

本日は、以前の記事「個人投資家として投資する中で気にしてきたこと:株式投資家から見た仮想通貨市場⑥<寄稿記事>」でも書かせて頂いた、「暴落時に備えた資金と、暴落時に買い増しする勇気」について、今回の暴落時のビットコイントレード結果と共に振り返りたいと思います。

暴落時に備えた資金と、暴落時に買い増しする勇気

私は、仮想通貨投資を始めた当初(昨年秋口)に、市場をよく理解しないままビットコインのShortから入り、痛い目を見ておりました(関連記事:仮想通貨取引での失敗談)。

その教訓から、投資スタンスを下記のように変更しています。

 

変更点

  1. 現物取引のみに限定する
  2. つまりLongでしかエントリーしない
  3. チャートをよく見て、先走りエントリーを減らす(指標はBB / RSI / 取引量)

 

このルール変更のおかげで、今回の暴落では割といいトレードができたと思います。

 

では、ここから実際の売買をお示しします。

 

第一弾 以前の記事「個人投資家として投資する中で気にしてきたこと」で紹介した、昨年末暴落時の売買成績

結果: 約20%のリターン

反省点:買いに入るタイミングが早すぎた

 

トレード経緯:

1.チャートを見ながら、難平買いで買い下げ(資金が枯渇するまで)

 

2.難平売りでポジションを半分売却

 

3.相場が下げたので、再度買い増し

 

4.再び難平売りでポジション解消(利確)

*時系列は売買日時でご確認いただけると幸いです。

 

以上のナンピン買い&売りで、20%のリターンとなりました。手前味噌ながらこの短期間でこの成績ですから、ビットコインのトレードは株とは異なり変化が速く、やはり非常に面白いです。

 

第二弾 2018/01/12からの値崩れでトレード開始

 

皆さんご存知のように、市場全体が大暴落しました。どうやら2年ぶりくらいの下げ幅だったようです。

 

見方を変えると、二年に一度の大チャンスです。ここぞとばかりに買い漁りました。

 

チャートを見ながら、難平買いで買い下げ(資金が枯渇するまで)

1

2

3

 

この画像キャプチャーのように、1~3の流れで難平買いを実施。想定よりも下げがきつかったため、途中で追加資金を投入し、底値付近までなんとか食い下がりました。

 

相変わらずエントリータイミングが早すぎたことが反省点ですが、いい感じに仕込めたとは考えています(自画自賛)。BBも底抜けて、RSIも一時30を下回ったので、そろそろ底を打ったのではと考えますが、まだ気は抜けません。

 

さて、今回のトレード結果はどのようになるでしょう。無事、値上がりしてくれると良いのですが。

 

バイナンストレード

ビットコイントレードとは別に、先日の記事「バイナンストレード 株式投資家から見た仮想通貨市場(番外編)」で紹介したように、草コイントレードも進めています。今回の暴落でいい仕込ができましたので、そのうちまた報告します。

 

最後になりますが、私の好きな言葉を一つ

 

みんながどん欲な時に恐怖心を抱き、みんなが恐怖心を抱いている時にどん欲であれ。

Be fearful when others are greedy and greedy when others are fearful.

Warren Buffett

引用:http://www.tnoda.com/blog/2013-12-15

 

この言葉を胸に、暴落時は勇気を出して踏み込こんで行きたいと思います。

それではまた。

 

次の関連記事はコチラ>>>ビットコイン暴落の原因:wall-street-journalと日経新聞を比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください