仮想通貨SF小説 Decentralized Kingdom 第2章 クォンタム・ブースト /著:小鈴危一

こんにちは。くりぷと(@_CryptoBlogger)です。仮想通貨SF小説 Decentralized Kingdom の第2章(続編)「クォンタム・ブースト」をお届けします。

舞台は前作に引き続き、今から約20年後(2038年)の日本。暗号通貨の信用が崩れた世界のお話です。

目次

崩れる共同幻想

アノニマス

二重送金

再開と序章

トークンエコノミーの崩壊

◇ソーシャルエンジニアリング

◇リバースエンジニアリング

◇終点

第2章    クォンタム・ブースト

◇崩れる共同幻想

《2038年7月16日 午前10時39分》

僕はベランダから、目前に広がる街を眺める。

いつも規則的に道を流れていた自動運転車の影は、今やほとんどない。民間の市街警備や、警察機構の保有する治安維持用、あるいは暴徒鎮圧用のドローンが、道や空をいくつも行き交う。

人の姿も見えない。だが時折、あちらこちらから怒号が聞こえてきていた。その度にドローンの羽音が唸り、制止音声、そして警告音声が聞こえ、やがてそこに悲鳴が混じる。

煙を上らせる熱音響発電機。

ひび割れた太陽電池パネル。

部屋からは、アシスタントAIが勝手に点けたニュース番組の音が響いてくる。

ビットコイン相場は先週より67パーセントの下落。この騰落率はコインバブル崩壊以来の数値。

ペグ通貨発行企業であるネオ・プラチナムがNPTトークンと白金の交換を一時停止すると発表。現物資産に価値を紐付けたペグ通貨は、このところ運営企業による交換停止発表が相次いでおり、ますますの混乱が予想される。

先週から窃盗事件が急増。強盗事件数もここ十数年来の数値となっており、政府および各王国運営が市民に注意を呼びかけている。

現物貨幣を求め、銀行には長蛇の列。

貴金属類の違法売買が横行。

犯行グループからの新たな声明は未だなし。

マイニングシェア奪還、見通しつかず。

トークンエコノミーは終焉を迎えるのか。本日は専門家のアリマ・タダユキ氏に……。

混乱の街を眺め、僕は立ち尽くしながら思う。

いったいなぜこんなことになってしまったのか。

◆         ◆         ◆

《2038年7月16日 午前11時02分》

「みんな、端末デバイスはつけたかな? それじゃあ起動してみようか」

講師を務めるヒナギが声を張ると、子供達が一斉に耳に掛けた神経端末ナーヴデバイスへと手を触れた。それに合わせ、部屋の後ろに立つ僕も、自分の端末の小タッチパネルに指を這わす。

ほどなく、視界の上部に半透明のアイコンドックと時刻表示が現れた。

「まずは較正キャリブレーションをしてみよう。上の方に歯車のアイコンは見えるかな? それを……」

ヒナギが説明を始める。

彼女の声は、大きくなくても不思議とよくとおった。較正を終えている僕は、ただぼんやりと説明を聞きながら、生徒である子供達の様子を眺める。

今日はヒナギの企画した、神経端末ナーヴデバイスワークショップの手伝いに来ていた。

世に出てからまだ2年も経っていない神経端末ナーヴデバイスは、若い世代を中心に急速に広まっている。脳神経と直接やり取りし、神経言語での入出力ができる携帯型端末。耳に掛けるだけで済む手軽さもあってか、新しいアイテムながら世間に受け入れられるのは早かった。

いずれはスマホを完全に代替すると目されているだけあり、今日のワークショップもかなりの申し込みがあった。神経端末ナーヴデバイスは使用にどうしても慣れが要るが、若い世代ほど使いこなすのは早い。どちらかというと、体験型講座ワークショップが必要なのは親世代だ。

「みんなできたかなー? じゃあ次はアプリを使ってみよう。ドックにある『ニューロガーデン』を開いてみて」

ドックに並んだ木のアイコンを意識すると、『ニューロガーデン』のロゴと共にアプリが起動した。手も声も使わずに操作できるのはやはり便利だ。

「これは木を植えるゲームなんだけどね。知ってる人もいるかな? チュートリアルは終わってるから早速やってみよう。メニューにある茶色の袋から、好きな花を選んでみて」

なんとなく見回っていると、やがて机の上に色とりどりの花が咲き始めた。朝顔アサガオ蒲公英タンポポ三色菫パンジー鬱金香チューリップ……。

「あの」

小さく声をかけられる。見ると、女の子が困った表情でこちらを見上げていた。

中腰になり、わからないところを教えてやる。するとほどなくして、机の上には青紫の小さな花が現れた。薫衣草ラベンダーのほのかな香り。

神経データを直接出力できる神経端末ナーヴデバイスは、理論上五感をすべて再現できる。視覚聴覚以外はまだまだ甘いのが現状だが、『ニューロガーデン』は、匂いについてはかなり高度に表現できていた。

「ありがとうございます」

女の子がお礼を言う。

顔を上げると、ヒナギは笑いながらこちらを眺めていた。僕は目を逸らして定位置に戻る。

◆         ◆         ◆

>>>第2章-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください