Zaifの「コイン積立」2017年実績:仮想通貨ビットコイン

くりぷと@CryptoBloger)です。Zaifコイン積立の2017年、約1年間分の実績を紹介します(2018年7月13日現在)。

 

注:2018年分はこちらです↓

参考

Zaif積立2018年分成績とZaif利用時の注意点くりぷと戦記

 

約1年間の積み立てで、原資の約57万円約73万円分になりました。一時期、ビットコインは約150%、モナコインは約600%のリターンを記録しましたが、年末年始の暴騰相場を過ぎ、28.5%のリターンで落ち着いています。

 

Zaifコイン積立の成績

Zaif積立(コイン積立)の各月内訳

全体の積立原資と2018年7月13日時点の評価額を円建てで記載します。

参考:現在のビットコイン価格:約70万円

全体のリターンは28.5%となりましたが、後半は積立原資を増やしたために、残念ながら赤字となっています。暴落の影響が少なかったビットコインの比率を高めていたのは、せめてもの救いでした。ビットコインの分裂騒動で市場全体が大きく下落した6月、7月分は、枚数を多く仕入れられており、そのおかげで高いリターンを得ています。

 

一時の暴騰に比べるとリターンの旨味は減ってしまっていますが、自動の運用ですので、コイン積立はやらない方が損と言えそうです。金額変動のリスクを分散化できる為、初心者の方にはこのコイン積立を推奨しています。

また、たまにビットコインは高すぎて買えない、という誤解の声を見かけますが、Zaifコイン積立では1,000円から買えますので、お試しでエントリーするには良いサービスだと思います。主要通貨(BTC、XEM、MONA、ETH)への分散投資が出来る事も強みだと思います。

仮想通貨自体にリスクはありますが、この結果の通り、銀行預金よりも有利なリターンとなっています。 リスクとリターンのトレードオフですね。

ご興味がある方は、下記リンクボタンからZaifの登録ページに遷移の上、ご登録いただけると嬉しいです。

またスマホからの登録方法を「Zaifセキュリティ体制(個人情報)と、スマホでZaifに登録する方法」に記載しましたので、必要な方は合わせてご参照くださいませ。

Zaifのコイン積立とは?

以下、簡単にコイン積立投資の概要、メリット、デメリットを書きます。

Zaifコイン積立概要

コイン積立は、毎日決められた金額(日本円)で、仮想通貨を買う方法です。

ZaifはBot(ロボットみたいなもの)が動いていて、毎日良い感じのレートの時に買い続けています。

実際の買い付け画面はこちらです。毎日少額、着々と購入しています。

f:id:D25Joh-1:20171104192529p:plain

 

Zaifコイン積立の手数料は?

手数料は下記表の通りです。

積立金額 手数料
1千円~2千円 一律100円
3千円~9千円 3.5%
1万円~2万9千円 2.5%
3万円~4万9千円 2.0%
5万円以上 1.5%

リターンで得られる利益が高いため、全く気になりません。手動であれこれ悩みながら積み立てる必要が無いので、その分の手数料だと考えるとかなり安いです。「10日で1万円儲けた話: 超短期ドルコスト平均法 」で書いていますが、手動で積み立てるのは心労がかさみ、意外に大変なのです。

 

リバランス

反映されるのは月に1回の引き落とし時ですが、積み立てるコインの比率は、いつでも変更可能です。例えば「XEMが値下がりしているから沢山買いたい」と思った時は、下記の画面からXEMの買い付け数量を増やせます。

f:id:D25Joh-1:20171205004305p:plain

 

コイン積立メリット

コイン積立では、レートが高い時には少なく、低い時には多く仮想通貨を仕入れる事で、レート急変動時のリスクを減らします。

しかも自動で。

中長期で見ると、安定したリターンが期待出来ます。

3月の実際の売買とZaifでのビットコイン価格推移をグラフに落としました。二つの折れ線が逆の動きをしているのが分かります。

f:id:D25Joh-1:20170511003706p:plain

青と赤の線が、ビットコインの価格推移(左軸)

オレンジの線が、購入したビットコインの量(右軸)

コイン積立デメリット

短期売買に比べて、結果が出るまでに時間がかかる事と、多少の手数料、そして取引所のカウンターパーティーリスクがあります(急に引き出せなくなったりとか、資産が法律で保護されていないとか)。また短期トレードのような刺激がありません(笑)アドレナリンが欲しい方には、向いていないかも。加えて、短期の下落相場では、成績がひたすらマイナスになります。

 

Zaif利用時の注意点

Zaifを利用する際は以下の注意が必要です。未熟な業界ですので、取引所起因の損害には常に備えておきましょう。

 

・仮想通貨の現物はこまめに出金する(凍結やGOXに備えておく)

・AirFXはやらない(過去に痛い目に会いました。向いて無いです)

・サポートの返信が遅いので誤送金などの自身のミスには注意する

・成行での売買は行わない。指値を必ず入れる(板が薄い際やエラーが起こった際、とんでもない価格で約定するケースがあります)

出典:zaif積立2018年分成績とzaifの注意点

 

ビットコインと心中してしまわないか?

2017年8月や11月のビットコインの分裂騒動で、ビットコインそのものに対する不信を抱く方も増えたかもしれません。

今の分裂(スケーラビリティ)問題を長く見て来て感じましたが、私としては、

ビットコインは強い

という確証に近い感覚を得ています。

「ビットコイン分裂劇場:Segwit2xのBIP-91シグナリング開始 」で書きました通り、8/1の分裂騒動の動きをみると、マイナーやユーザー等の関係者が誰も損をしたくないので、全体として経済合理的な方向に収斂していくという、ビットコインのシステムそのものが、今の所きちんと機能しています。またSegwit2xのハードフォーク中止により、益々この仕組みが証明されたと考えられます。

非中央主権化の道は半ばですが、ビットコインを取り巻く各プレーヤーのパワーが牽制しあい、

結果として中央主権的ではない意思決定が出来ている

と思います。

f:id:D25Joh-1:20171203223711j:plain

 

関連記事はこちら>>>「我々凡人は、ドルコスト平均法と「暴落したら買い増し」で良い 

2 Comments

ひさ

今日は何時ま大変勉強になります。

ザイフの積み立ての場合の
税率はどのようになるのでしょうか?

FX や先物は50%前後ですよね
積み立ての場合も同じくらいになりますか?

返信する
くりぷと

Zaif積立も雑所得扱いで、積立で購入した仮想通貨を、円や他仮想通貨、商品などと交換した際に20万円以上の利益が確定した場合、課税対象になります。累進課税対象です。取得した仮想通貨を使用せずガチホしていたり、確定利益20万円以下の場合は税金は発生しません。
私もそのルールに基づき、確定申告を実施しました。参考のURL、記載しますね。

https://www.nta.go.jp/law/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/171127/01.pdf
https://www.freee.co.jp/kb/kb-kakuteishinkoku/virtual_currency_profits/

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください