株式投資家から見た仮想通貨市場①<寄稿記事>

くりぷと@CryptoBloger)です。

 

寄稿記事を紹介させて頂きます。

書き手は「ぶらっくプリン(@Black___Pudding)」さん。

 

会社員兼株式投資家として10年以上活躍しており、年間平均リターンは+7%、10年累計リターン+75%と、市場平均を上回る成績*で、株式投資の世界を生き残って来ました。世界が終わるほどの衝撃だったあのリーマン・ショックも乗り越えて来ています。私と同世代なのに、すでに 資産は○千万とか。

*株式市場年間平均リターンは+5.4%、10年累計リターンは+54%(出典:「FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスとは何か?構成銘柄や詳細など」を元に算出)

 

そんな彼が最近、仮想通貨の世界に興味を持ち、本格的に投資を始めました。今後も多くの株トレーダー、投資家が参入して来るでしょうから、株の世界の方から投資の基本やコツを学びたいと考えたのが、今回の寄稿記事を依頼したきっかけです。

 

初回に依頼したテーマは「株式投資家からみた仮想通貨市場と株式市場の違い」です。前置きが長くなりましたが、ご覧ください。

 

 

株式投資家からみた仮想通貨市場と株式市場の違いについて

皆さんこんにちは。「ぶらっくプリン(@Black___Pudding)」です。くりぷとさんから仮想通貨の魅力を何度か聞き、数ヶ月前から本格的に投資するようになりました。私は元々、株式投資家ですので、その視点から両市場の違いについて、書いてみたいと思います。

 

ボラティリティ(値幅)が激しい

仮想通貨の市場は非常に値動きが激しいです。株式取引の中にはレバレッジを効かせたETF(上場投資信託)は存在しますが、個別銘柄の取引では基本的にストップ高/ストップ安の値幅が決められており、仮想通貨ほど大きく値動きすることは少ないです。

 

これを悪く捉えるならば、利益を制限されてしまうので不満となります。一方、いい面としては(値がつかず、取引が成立しない場合を除いて)1日の損失上限が決まっており、一発退場にならず体制を整え直すことができます。

仮想通貨は24時間年中無休ですので、非常にシビアな世界だと考えます。

 

皆さんご存知の通り、投資家として高名なジョージ・ソロスの言葉に

 

「まず生き残れ。儲けるのはそれからだ」

 

というものがあります。

これは「投資の土俵に立てなくなるほどの傷を負わないことが非常に重要である」ことを意味しますので、値幅制限のない仮想通貨投資で判断を間違えた場合のことを考えると、恐ろしいですね。

 

取引時間

株式取引は、取引所が設定する取引時間しか売買できません。一方仮想通貨は、上記に書いた通り、土日・夜間を含めずっと取引可能です。私のようなサラリーマンにとっては非常に参加しやすい仕組みだと思います。FXですら土日は取引できないので、ここは仮想通貨取引の大きな利点と考えます。

 

両市場で動いている金額や商品数の違い

両市場の規模を比較してみたいと思います。

 

株式市場:世界取引所連盟(WFE)の統計と代表的な株価指数から推計した5月末の世界株の時価総額は76兆6000億ドル(8,726兆円)*

*日経新聞webから引用

https://www.nikkei.com/article/DGXLZO17212690S7A600C1MM8000/

 

仮想通貨市場:ビットコインだけで12/7に一時2400億ドル(約27兆円)を超え*、上位20位までの仮想通貨で大体40兆円強のようです。

*日経新聞webから引用

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24373250X01C17A2000000/

 

これだけを見ても時価総額は 株式総額220:仮想通貨1程度で、仮想通貨の市場規模はまだまだ小さい=まだまだ市場が大きくなることが容易に想像できます。

 

一方、なじみのある株式・外国為替以外にも様々な金融派生商品が存在しており、これらの市場から、一部だけでも資金が仮想通貨取引に流入すると、とてつもないことになり得ます。

 

*金融派生商品(デリバティブ):例えば社債、国債、将来の相場の変動を予測して行う先物取引、変動金利と固定金利を交換する金利スワップ取引、異なる通貨建ての債務を交換する通貨スワップ取引、オプション取引など


 

以上、ぶらっくプリン(@Black___Pudding)さんによる、第1回の寄稿記事をお届けしました。

次回は、「なぜ仮想通貨に興味を抱いたか」「仮想通貨市場での失敗体験と学び」「自分ならどう勝つか?(仮想通貨投資方針)」などのテーマで数回に分けて掲載させていただく予定です。

 

関連記事はこちら>>>株式投資家から見た仮想通貨市場②<寄稿記事>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください