株式投資家から見た仮想通貨市場③<寄稿記事>

くりぷと@CryptoBloger)です。

 

今回も、「ぶらっくプリン(@Black___Pudding)」さんの寄稿記事を紹介させて頂きます。

 

何故仮想通貨市場に参入しようと考えたか

忘年会ラッシュで肝臓強化トレーニング中のぶらっくプリンです、こんにちは。

 

前回の「株式投資家から見た仮想通貨市場②<寄稿記事> 」では、投資対象としての仮想通貨市場の現状について、感じることを書かせて頂きました。

 

今回は

 

「何故仮想通貨市場に参入しようと考えたか」

 

というテーマについて思うところを書いてみたいと思います。

 

結論からいうと、「仮想通貨市場は成長していく」と考えたからです。

先の記事でも書かせていただいた通り、私の投資手法は長期投資がメインです。

 

投資先選択の条件は以下3点です。

 

  1. 成長しそうな国
  2. その中で成長すると考える業界
  3. その業界の中で光りを放つ銘柄

 

このポリシーに当てはめて仮想通貨を見た場合、Bitcoinへの投資に魅力を感じました。

1つずつ、説明させて頂きます。

 

ルール1.成長しそうな国

仮想通貨は国の壁を壊しました。もはや一つの国の経済動向に成長が縛られることありません(もちろん仮想通貨を全否定する国もあります)。

 

世の常で、実態の良く分からないものが出てくると、国はどう管理すればいいのか分からないためしばらく泳がせます。その後、梯子を外して自分たちに都合よく管理しようとしますので、今後、各国政府が様々な規制をかけて自分の管轄下に仮想通貨を収めようとする動きが出てくると思います。しかし、それを超える可能性を仮想通貨、とりわけビットコインに感じています。

 

ルール2.その中で成長すると考える業界

フィンテックについては「くりぷと」さんのブログに譲りますが、ビットコインをはじめとした仮想通貨の技術はこれまでの概念を覆すもので、既得権益層が構築してきた金融システムを脅かしうるものだと感じています。もちろん新たな既得権益層が発生し、彼らが自分に都合のいいシステムを構築していくわけですが、一度世の中の仕組みが変わるされることに夢を感じ、その成長に可能性を感じています。

 

ルール3.その業界の中で光りを放つ銘柄

ルール3については、よほど大きな材料がない限り業界最大手に投資します。特に新興市場の場合です。理由は、先の記事「株式投資家から見た仮想通貨市場②<寄稿記事> 」に書いた、機関投資家が参入する2つの条件に基づいています。

 

機関投資家参入のために必要なものは、何はともあれ流動性(=市場の参加者規模=大きな取引額)とリスクヘッジの仕組みだと思います。

 

マーケティングの観点からみて、業界最大手であることのメリットは多く、成長過程の業界においてはそのアドバンテージが大きくなると考えます。

 

次回は、仮想通貨投資を実際に始めてみたら良くも悪くもこれまでの常識が通用しなかった、という痛い失敗談をご紹介したいと思います。

 

続編記事はこちら>>>仮想通貨取引での失敗談:株式投資家から見た仮想通貨市場④<寄稿記事>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください