NEM/XEM は3,000satoshiが底だった/現物トレード振り替えり

地道に続けていたNEMとビットコインの現物トレード。前回の記事から特に売買は行なっておらず、NEMも高騰してしまったので、いったんは0.183BTCが増えた所で着地です(NEMは1,200xemくらいマイナス)。もう少し買い戻しておけば良かったです。

 

では、いくらで買うのがベストだったのか?

そのヒントは、3月4日の記事で記載していました。

NEM/XEM は3,000satoshiが底だった

ビットコイン建てでは、フィボナッチの78.6%ラインまで到達。そろそろ反転してくれると良いのですが。サポートも割りそうな勢いです。

週間クリプト「Lightning Networkで電気自動車充電の支払いを」/ アルトコイントレード

 

この記事では、フィボナッチでは3,098satoshi,下のサポートラインでは3,000satoshiくらいが目安になりそうなことを示しています。改めて直近のチャートを見てみると、下記のように3,000satoshiで反発して底を確かめているのが分かります。

 

現物トレード-NEMXEM買い戻し」で記載したように3,000satoshiで拾っていましたが、もっとがっつり買っておけば良かったです。サポートを割ったところに指値を多く入れていたのですが、裏目に出ました。現物トレードでもテクニカルは機能する事が分かったので、今後の課題にしたいと思います。

NEMは、価格低迷時も有志の方々が色々なイベントや、アプリケーション、サービス開発を行っており、これがトランザクションを増やし、結果的にファンダメンタルにも良い影響を与えることになると踏んでいます(参考記事:NEM/XEMのアプリケーションやサービスまとめ)またコインチェック 事件でよくも悪くも認知度が上がっているため、新規の資金流入も期待しています。

GWも間近となり、銀行が閉じる前に新規の資金流入も期待したい所です。


NEM/XEMはZaifで購入出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください